冷えからくる子宮の病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。上田市の冷え改善サロン「イチカ」の永井です。

「冷え」という一言だけを聞いても、病気という感覚は伝わってきませんよね?

でも、「子宮筋腫」「子宮内膜症」「卵巣嚢腫」と聞くと病気な感じがすると思います。

これらの子宮の不調は、「冷え」が原因であることがほとんどです。

 

病気になる前に、予防することが大切。

だから、病気になる前に「冷え」を改善していく必要があるんです。

ですが、冷えを改善したからと言って「絶対に」病気にならないというわけではありませんが。

私たちは一秒一秒、老化しているからです。

でも、少しでも健康に年齢を重ねていけたらいいですよね?

冷えが原因で子宮の調子が悪くなってしまうと、痛みを伴うこともあります。

痛いと、体の元気だけでなく心の元気もなくなっていきます。

何もできなくなってしまいます。

それに子宮の病気は、これから子どもを望む女性には、つらいものとなってしまいます。

子どもができにくくなってしまうからです。

いわゆる、不妊。

そうなる前に、体と子宮を温めることを常日頃から、意識する必要があります。

大事なのは、日ごろの習慣です。

このような生活習慣が、体をどんどん冷やしていってしまいます。

・偏った食生活

・運動不足

・喫煙

・過度のアルコール摂取

・過度のストレス

・不規則な生活

ですが実際には、ストレスフリーな生活を送るのは難しいこと。

その中でできることは、自分で「体を温めることを意識すること」

そして、しっかり確実に体を温めることが大事です。

黄土よもぎ蒸しなら、30分座るだけで体を芯から温めることができます。

冷えを改善して、病気になりにくい体質にしていくことができます。

 

080-8034-9911

メールで予約する

上田市本郷928-4

8時30分~16時30分(最終受付16時)

完全予約制/月曜定休

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す